しょう/Sho Tandai 丹代翔

丹代 翔 ✕ 地方創生ユニオン

 
コメント

〘自己紹介〙 本職として社会福祉法人の人事担当を務める傍ら、写真家として活動しています。写真家歴は5年になりました。主に家族と過ごす何気ない日常の一コマを撮影しています。「無理なく楽しく子どもを撮りたい」という思いから、県内出張講座や「僕らの写真展」という展示会を開催してきました。フォトサークルの運営にも携わっており、フォトウォーク(カメラを片手に写真を撮りながら散歩すること)を通じて、SNSでは味わうことのできないリアルな写真の楽しさを伝えています。
〘在住地の魅力〙 私が住む福井県は自然が豊かな地域です。ただそれだけでは、他の自然豊かな地域となんら変わりがないように感じられるかもしれません。他県にない福井県の魅力は、豊かな自然を満喫できるスポットをはじめ、魅力的な観光スポットが各市町に点在しており、週末になると県内各地でイベントが開催されることです。福井県内には「メガネの街」や「恐竜の街」など特徴的なテーマを掲げている街が多数あり、私も子どもたちと一緒に出かけています。目的地にたどり着くまで車で30分以上はかかってしまいますが、この車内の時間も子どもたちにとってはちょっとした冒険のように感じられるようです。また、子どもが遊ぶのにちょうどいい大きさの公園も多く、その公園にしかないアスレチック遊具を楽しめることも、子ども連れにとってうれしいポイントの1つです。
〘地域活性化の為にやってみたいこと〙 「僕らの写真展」の開催にあたり、福井県内の様々な地域を訪れ、それぞれの地域の良さを写真に収めてきました。この活動を通して、歴史ある文化財や伝統芸能を次世代へ繋いでいこうと奮闘される団体の方々や、長年草むしりのボランティアを自主的にされている老夫婦、戦後長きに渡り駄菓子屋を経営する98歳のおばあちゃんなど、様々な「想い」を持った人々と交流を深めてきました。そのたびに「つながり」の大切さを感じています。福祉人であり、2児の父であり、写真家でもある私ができること、それは「写真」というツールを通して、今の時代に生きる人々の「想い」や、現代失われつつある「つながり」の大切さを、繋ぎ、伝えることだと思っています。地域の方々とのふれあいと通して、そのような活動がしたいと考えています。私の写真家としての価値観が変わるきっかけになった出来事についてお話させていただきます。写真家として活動し始めた当初は、楽しさのあまり無我夢中で子どもの様子を記録していました。その頃は子どもと花の写真を撮ることが多かったような気がします。 ある日、子どもと地元の観光スポットに出かけたときの出来事です。いつものように子どもたちを撮影していると、突然長男から「パパの写真嫌い」と言われました。この発言を聞いた私はかなりの衝撃を受けたのと同時に、なぜ?という疑問が浮かびました。理由を長男本人に確認すると、私が写真に夢中で一緒に遊んでもらえないことが不満だったようです。 この出来事はそれまでの自分の行動を振り返るきっかけになりました。子どもたちが行きたい所、やりたいことに本当に寄り添えていなかったことを反省しました。我が子の場合は、花を見るより虫を探すこと、開放感のある場所より公園やお散歩道の探検を好みます。そして何より、写真に撮られることよりも一緒に遊ぶことを1番に望んでいるのだと改めて気づかされました。子どもに話しかけながら写真を撮っていたので、私自身は一緒に遊んでいる気持ちになっていましたが、まず子どもたちの気持ちを理解し共有することが大切だと感じました。 この出来事を境に「まず遊ぶ」を心がけ、かつ撮影スタイルも自由気ままな彼らを撮るスタイルに切り替えました。これは我が子の写真を撮るだけでなく、風景を撮るとき、ポートレートを撮るときも同じです。「いかに自然な様子を収めるか」を自身が写真を撮るときの価値観として大切にしています。その結果、今の自分のギャラリーは、写真を撮った当時のエピソードが自然と思い出されるような写真で溢れています。「写真」というツールを通して、地域の人々の「想い」や「つながり」の大切さを伝えることで、地域活性化のお役に立ちたいと考えています。